脂肪燃焼のための有酸素運動は自分の心拍数をチェックしてはじめよう!

脂肪燃焼のための有酸素運動は自分の心拍数をチェックしてはじめよう!

本人が有酸素運動をする際、どのくらいの負荷がしかるべきなのか、それをはからいながら行かなければなりません。

 

この点を意識せずに、わずかな運動ばかり続けたとしても、ダイエットのメリットや得るところが表れにくいでしょうから、これでは、「せっかく」、有酸素運動を日課にしたとしても、続けている甲斐がありませんよね。

 

当然、皮下脂肪燃焼を、もっと促すための有酸素運動は、その個人によって違ってきます。
みなさんも、おわかりのように、ヒトのエネルギーは、その個人によって、一人一人違っていますよね。

 

ですから、とてもエネルギーのある方と、まったくエネルギーの欠乏している方が、同等の有酸素運動をすれば適切だなんて、結局ちょっとあやしい話なんです。

 

脂肪燃焼のための有酸素運動は自分の心拍数をチェックしてはじめよう!

 

おそらくに、つね日ごろから運動に目がないほど肉体を鍛えているような方と、運動嫌いでウォーキングさえ駆け出しな方が、同レベル負荷の運動をして、同レベルだけの皮下脂肪が燃焼するわけはありません。
ですから、本人にとって、どれだけの負荷がちょうどよいのか、その理想的な運動レベルを知ることが焦点になってくるわけです。

 

有酸素運動をする際、本人にとっての負荷は、どれくらいがほどよい満足できるのか、そのレベルを見るためには、心拍数を基準にすると好ましいでしょう。

 

皆さんもおなじみのように、心拍数にも個人差があります。
1分間に60くらいしかない方もいれば、1分間に80と言う方もいらっしゃいます。
心臓の鼓動の値は、年代によっても変わってきますし、運動の経験や、その方の持つスタミナでも、違ってきます。

 

そして、心拍数は、24時間、一本調子ではありません。ですから朝10時〜午後の2時頃の一番からだが落ち着いている時間の数値を基準にしてみてくださいね。

 

 

 

表)1分間あたりの心拍数(有酸素運動の強度の目安値

年代 限界値 中高年の健康数値範囲

 

中高年の健康数値範囲

運動初心者 運動にならない心拍数
10代 193 166 140 113 87
20代 186 161 136 110 85
30代 179 155 131 108 84
40代 172 150 127 105 82
50代 165 144 123 102 81
60代 158 138 119 99 80
70代 151 133 115 96 78
運動レベル 100 80 60 40 20

 

(心拍数で120〜130程度)
※年齢が高くなれば、心拍数は少し低めに設定する。